18.12.24 チャンシーと話そう/発芽玄米酒

 今回の「話そう」で出た、発芽玄米酒はコレです。
 酒の宣伝をするわけではないが、寺田本家の「むすひ」と云う日本酒で、のみくちも慣れると、なかなか発泡がシュワシュワしてよろしい。

 これはそもそも、伊勢神宮外宮「火無浄酒」(ほなしのきよさけ)にヒントを受けたと云う。
 外宮は、天照大神の食物を司る、豊受大御神を祀る。
 「火無浄酒」とは、古代において外宮で供された神酒で、米を水に溶かして砕いたものに神域内の水を加えただけの酒

 

「むすひ」を飲んでアルコールに対する考えが変わった。酩酊の無い酔い心地は柔らかくあたたかく、何か毒気のようなものが何も無いのだ。ある意味究極の生命活性と修復の飲み物かもしれない
 いや、それよりもむしろ、伊勢神宮の天照大神が内宮で、外宮が、豊受大御神という食の神であるのか納得がいってくる。